履歴書・職務経歴書の書き方徹底マニュアル 詳細編

「ニーゼロ君の『もう迷わない!履歴書・職務経歴書の書き方ガイド』」を読んでひととおりの基礎を抑えたら、次はコチラ★  ここでは、「履歴書・職務経歴書の書き方について、もっと詳しく知りたいことがある…」という人のために、項目ごとにポイントをしぼって徹底的に解説しました! 20worksがおくる、履歴書マニュアルの詳細編シリーズ「履歴書の書き方徹底マニュアル」。

 


INDEX12 面倒な計算もこれで解決! 履歴書のための西暦・年号 早わかり表

履歴書を書くたびに、苦手な数字とにらめっこ。

現在、文房具屋やコンビニで販売されている履歴書の多くは、学歴・経歴の欄に記す年を「西暦」よりも昭和や平成の「年号(元号)」で書くことを前提として作られています。

西暦から年号へ変換するのはなかなか面倒な作業。昭和から平成へと年号の変わり目をまたいでいる方は、よけい混乱してしまいますね。

もしかしたら、中にはややこしい計算をするよりマシだと、卒業アルバムを引っ張り出した人もいるかもしれません。ですが、ほとんどの場合、そこに書かれているのは「卒業年度」ですので、注意が必要です。履歴書で求められているのは「卒業」ですよ。

どれだけ面倒な計算だと言っても、会社に提出するデータなのですから、間違えるわけにはいきません。記入するときにはそれなりの注意が必要となりますが、困ったことに、履歴書の中には、限られた時間の中で、他に労力を費やさねばならない部分がたくさんあります。

ですから今回は、大学現役卒業生はもちろん、浪人や留年をした人も一目で分かるような早見表を掲載しました。これから頑張って履歴書を記入するあなた、これを見て、少しでも履歴書記入時の負担を減らしてくださいね。


年号早見表



西暦対応表


 


履歴書の書き方 入門編topへ
前に戻る履歴書の「趣味」「免許・資格」「長所」…欄。何を書けばいいの?
次に進む好印象に見せる履歴書写真の撮り方 1.準備編

もっと広く基礎的な部分を知りたい人は…「履歴書の書き方 入門編」
入門編 vol.2 証明写真、名前、住所、連絡先、経歴…“履歴書の左側”を記入する際に大切なこと


▲ページトップへ